*

Suica

公開日: : 最終更新日:2018/08/10 ポイントカード, 電子マネー

Suica(スイカ)は鉄道、バス、買い物で利用できるJR東日本のICカードです。「super urban intelligent card」からSuicaの名称となり、果実のスイカと語呂合わせし、カード表面の緑色のデザインもスイカ風です。イメージキャラクターは南極から東京にやってきたペンギンとなっています。多くの情報を通信できるICカードとなっており、自動改札機で運賃精算、定期券やグリーン券を含む乗車券などの購入、チャージ(入金)で繰り返し使用、Suicaマークのある加盟店で支払いができる電子マネー、など数多くの機能が盛り込まれています。

特長

○ピッとワンタッチで改札機を通過
○乗り越しても改札機で自動精算
○Suica1枚で日本中使える範囲が広い(北海道から九州までKitaca、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん、odecaの各エリアにおける鉄道・バス等の利用ができます)
○買い物でも使える(Suicaマークや全国相互利用サービスのあるお店では、電子マネーとして使用できます)
券面情報を書き換えるリライト機能(「Suica定期券」を継続購入する場合や、Suicaカードを記名式の「My Suica」に変更する場合も、同じカードを使用できます)
○繰り返し使えるチャージ機能(残額が少なくなった場合も、Suicaマークのある自動券売機や多機能券売機等で、現金によりチャージが可能です)
○再発行できるから安心(「My Suica(記名式)」や「Suica定期券」は、万一紛失しても安心です。紛失したカードの利用を停止し、チャージ残額や「Suica定期券」の場合は定期券部分を保証して、カードを再発行します)

種類

「Suicaカード」(無記名式)

大人、こどもの区別なし。チャージしておくことにより、改札機にタッチするだけで自動的に乗車区間の運賃を精算でき、Suicaショッピングサービス加盟店舗での商品代金の支払いができる、どなたでも利用可能なICカードです。なお、話題に上ることの多い記念カードについては、殆どがリライト機能のない無記名専用カードとして発行されています。

「My Suica」(記名式)

大人用・こども用(※1)あり。記名人以外は、鉄道やバスを利用できません。チャージしておくことにより、改札機にタッチするだけで自動的に乗車区間の運賃を精算できる便利なICカードです。購入時に氏名・生年月日・性別等の情報を登録します。紛失した場合は、再発行できます。こども用My Suicaは、既に小児用の他社発行のSuicaやPASMOを所持している場合は購入できません。

「Suica定期券」

大人用・こども用(※1)あり。記名人以外は、鉄道やバスを利用できません。定期券の機能と、チャージしておくことにより定期券区間外でも改札機にタッチするだけで自動的に精算できる機能を持つ、便利なICカードです。大人用には通勤定期券のほか、中・高・大学生別の通学定期券もあります。

※1 こども用Suicaには有効期限があります。(小学校卒業年の3月31日まで有効)期限が過ぎると使用できなくなります。

「Suica連絡定期券」

Suica定期券に加えて、JR東日本線と連絡他社線にまたがる区間を一枚の定期券としています。

「モバイルSuica」

携帯情報端末ひとつで、電車に乗れる、買い物ができる、定期券やグリーン券・新幹線の切符が買え、いつでもどこでもチャージしたり、使った履歴を確認でき、落としたときも再発行できるなど、いろいろなことができる便利なサービスです。

(注意)

○iPhoneには、おサイフケータイの機能がないため、モバイルSuicaは利用できません。

○「モバイルSuica」、 「EASYモバイルSuica」は12歳以上(小学生を除く)が利用可能ですが、クレジットカード登録が必要なため「モバイルSuica」は実質18歳以上の利用となります。

○ 会員登録やチャージは、4:00~翌日2:00が操作可能な時間帯となっています。

【モバイルSuicaの年会費】

ビューカードで登録された方は当面の間、無料です。その他のブランドのカードで登録された場合は、モバイルSuicaの年会費として、1,030円(税込)かかります。

【モバイルSuicaへのチャージ】

4つの方法(チャージ、オートチャージ、銀行チャージ、キャリア決済チャージ)が可能です。

<チャージ> 事前にクレジットカードを登録し、どこでも電子マネーへのチャージができます。

<オートチャージ> 自動改札にタッチして入場する際に、チャージ残額が一定金額以下のとき、あらかじめ設定した金額がクレジットカード決済で自動的にモバイルSuicaへ入金(オートチャージ)されます。

<銀行チャージ> 銀行口座があり、モバイルバンキングの契約手続きをすれば、銀行口座からの直接チャージが可能です。

<キャリア決済チャージ> EASYモバイルSuica(※2)会員で、取扱対象となる携帯電話会社のキャリア決済サービスを利用します。

※2 「EASYモバイルSuica」とは、クレジットカードがなくても始められるモバイルSuicaのことです。機能は電子マネーに限定されていますが、後からクレジットカード情報を追加することもできます。

購入

「My Suica(記名式)」「Suicaカード」は、JR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口で購入します。破損した場合も再発行可能で安心です。 「Suica定期券」は、JR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口で購入します。(一部未対応の場合があります)また、モバイルSuicaでも購入できます。

Suicaカードへのチャージ

Suica対応の「自動券売機」「多機能券売機」「のりこし精算機」でチャージできます。(みどりの窓口では、できません)また、全国相互利用サービスを行っているエリア内のIC対応券売機等でも可能です。金額は、500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の6種類があり、カード内総額20,000円までチャージできます。残額が0円になってもカードを買い替える必要はなく、引き続き同じカードを利用できます。また、パソコンでSuicaにチャージでき、自動改札機にタッチして入場するだけで、Suicaへのチャージができる便利なサービスもあります。Suicaを払いもどす場合は、手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金されます。

残額確認

SuicaマークまたはICマーク表示のある「自動券売機」「多機能券売機」で残額を確認できます。また、自動改札機通過時には自動改札機のディスプレイに表示されます。 設定によっては、自動改札機において、残額が1,000円以内になったことをアラーム音(ピピピッ)で知らせてくれます。

ショッピング

Suicaショッピングサービス加盟店舗で使えます。端末(カードリーダ)に金額が表示されるので、自動改札機と同じようにSuicaをタッチするだけで支払いが完了します。(Suicaはパスケース等にいれたままでも使えます)

(注意)一部の店舗を除いて、店でのチャージはできないので、事前に自動券売機などでチャージのうえ、利用します。(Suicaと現金を併せて利用できる店舗もあります)なお、2枚以上のSuicaを使用しての支払いはできません。SuicaマークのないSuicaカードは、鉄道での利用はできますが、店舗での買い物には対応していません。

「Suicaポイントクラブ」

「Suicaポイントクラブ」は、Suicaで買いものをするとポイントが貯まるサービスです。「Suicaポイントクラブ」に会員登録(無料)し、Suica加盟店で買い物をすると、利用金額に応じて自動的にポイントが貯まり、「Suica電子マネー」または「提携企業のポイント」に交換ができます。

(注意)電車の利用では、ポイントは貯まりません

会員登録

パソコン、携帯電話で登録します。Suicaの種類によって会員登録方法が異なります。

「My Suica(記名式)」「Suica定期券」などは Suicaに登録の「カナ氏名」「生年月日」「SuicaID番号」が必要です。「モバイルSuica(EASY)」は、「携帯メールアドレス」「モバイルSuica会員パスワード」が必要です。Suica付きビューカードは、「SuicaID番号」「クレッジトカード番号(下4桁)」が必要となります。

買い物で貯める

Suicaポイント加盟店にて、登録したSuicaで買い物すると、自動的にSuicaポイントが貯まります。(100円~200円で1ポイント)

【主な加盟店】

駅構内にあるKIOSK、NEWDAYS、コンビニ・売店・飲料自販機、飲食店、書籍、メトロポリタンホテルズ、ホテルメッツなど

街では、首都圏のスリーエフ、関東・甲信越・東北・中部エリアのアリオ、イトーヨーカドー、紀伊國屋書店、コナカ、洋服の青山、アミューズメント、時間貸駐車場Times、ANAの国内線機内販売、ヤマト運輸など

ポイント交換で貯める

Suicaポイントクラブと提携している数多くのポイントから、Suicaポイントに交換できます。

えきねっとポイント、ANAのマイル、G-Point、T-POINT、WAONポイント、三菱東京UFJポイント、(埼玉)りそなクラブポイントなど

ポイントを使う

提携ポイントに交換する場合、TポイントまたはWAONポイントいずれかの選択となります。また、交換手数料としてポイントが消費されてしまいますので、同率で交換可能な電子マネーを選んだ方がお得だと思います。

○Suica電子マネーに交換する(10ポイント→10円)

1.自動券売機でチャージする
2.モバイルSuicaへチャージする
3.Suicaインターネットサービスでチャージする

○提携ポイントに交換する

1.Suicaポイントを「Tポイント」に交換できます
100Suicaポイント ⇒ Tポイント85ポイント
(500Suicaポイント以上100Suicaポイント単位)

2.Suicaポイントを「WAONポイント」に交換できます
100Suicaポイント ⇒ 90WAONポイント
(100Suicaポイント以上100Suicaポイント単位)

関連記事

東急クレジットカード(TOKYU CARD)

前回、東急の現金払い専用ポイントカード「TOKYU POINT CARD」(東急ポイントカード)をま

記事を読む

阪急西宮ガーデンズのカード

関西のショッピングセンター「阪急西宮ガーデンズ」でお得になるポイントカードを調べてみました。

記事を読む

現金払いでWAON POINTが貯まる「WAON POINTカード (ワオン ポイントカード)」の使い方

イオングループの「WAON POINTカード」は、現金払いなどで「WAON POINT」が貯まる、無

記事を読む

X’masにnanacoポイントを貯めよう

クリスマスにポイントを貯めるシリーズも3回目となりました。今回は"nanacoポイントの貯まるクリス

記事を読む

よく使うカードのポイント有効期限(1)

年末が近づくと、ポイントカードの有効期限が気になりませんか。カードによって、ポイント有効期限はバラバ

記事を読む

ラゾーナ川崎プラザのカード

最近、大型のショッピングセンター(SC)やショッピングモールが続々とOPENしています。買い物以外に

記事を読む

東急ポイントが貯まるクレジットカードとポイントカードを比較してみました その2

東急の交通機関を利用したり、商業施設で買い物をすると、東急ポイントが貯まるクレジットカードとポイント

記事を読む

大丸・松坂屋のカード(JRFカード)

今回は、百貨店の大丸松坂屋のカードをまとめてみました。大丸松坂屋には、クレジットカード数種の他にクレ

記事を読む

上新電機「ジョーシン」のカード(ジョーシンカード、ジョーシンクレジットカード)

こんにちは ginkoです。 上新電機(以下、「ジョーシン」と呼称)のカードは、「ジョーシンカ

記事を読む

ANAカード「一般カード」

前回までに、ANAマイレージクラブのサービス、ANAマイルが貯まるプリペイドカードとデビットカードに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「JCB ORIGINAL SERIES」新規入会キャンペーン 2018年9月末迄

JCBクレジットカード「オリジナル シリーズ」に、WEB申し込みから新

クレジットカード会社のギフトカード

どなたへ贈っても喜ばれる、クレジットカード会社が発行しているギフトカー

ANA JCBカードはANAとJCBのサービスが満載 旅するあなたのカードです

ANA JCBカードは、ANA限定サービスとJCBならではのサービスが

マツモトキヨシでもっとポイントを貯めるには

ドラッグストアの「マツモトキヨシ」では、自店のポイントカードとクレジッ

ウエルシア薬局とツルハドラッグ シニア会員の特典

ドラッグストアのカード会員用の特典のなかで、シニア限定のサービスを調べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑