S-PAL(エスパル)のカード

S-PAL(エスパル)とは、東北の主要駅(仙台・福島・郡山・山形)のショッピングビルの名称です。テナントにはファッション関連・飲食店の他に、駅ビルならではの、お土産の銘店が幾つも入っています。

仙台駅には、本館・Ⅱ・東館の3つのエスパルがあり、福島駅・郡山駅・山形駅の各エスパルとあわせると、全部で6館になります。

S-PAL Sendai East 20160321

2016年にOPENした エスパル仙台東館

以前は、仙台の「エスパルカード」(クレジットカード)、福島の「ēsカード」(ポイントカード)、郡山の「SKカード」(ポイントカード)、山形の「YSカード」(ポイントカード)がありましたが、2017年2月に、JR東日本の共通ポイント「JRE POINT」が導入されました。それを機に、エスパルのカードは新しく生まれ変わっています。

エスパルのカード01

2017年2月15日までのカード

【仙台……本館、Ⅱ、東館】

「エスパルカード」(クレジットカード)

  • 仙台のエスパル3館には、買い物や食事をした時にカード払いをすると、エスパルポイントが貯まる「エスパルカード」があります。
  • このエスパルカードは、JRビューカードの一種で、Suica機能が付いているクレジットカードになります。
  • エスパル館内で利用すると、100円(税抜)ごとに5ポイントが貯まります。500ポイント貯まると、エスパル仙台の買物券(500円)と交換できます。
  • エスパル以外でカード払いをした場合は、1,000円につき2ポイントのビューサンクスポイントが貯まります。また、きっぷや定期券の購入は、通常の3倍、1,000円で6ポイント(15円相当)貯まります。
  • 初年度の年会費は無料ですが、翌年からは953円(税抜) 掛かります。本館の2階サービスカウンター(受付時間 10時~20時)で申し込みをすれば、当日からポイントが貯まる仮カードをもらえます。

【福島…エスパル福島】

「ēsカード」

  • エスパル福島で会計の際にēsカードを提示すると、108円(税込)ごとに1ポイントもらえます。500ポイント貯まれば、券売機で500円分の買い物券を発行できます(1Fインフォメーション脇)。ポイントの有効期間は最大2年間です。
  • 誕生日&誕生月の特典あり。(誕生日を証明できるものを持参)

【郡山…エスパル郡山】

「SKカード」

  • 入会金・年会費無料のクレジット機能の無いポイントカードです。中学生以上なら誰でも入会出来ます。1Fインフォメーション(受付時間 10:00〜20:00)
  • エスパル郡山で会計の際にSKカードを提示すると、108円(税込)ごとに1ポイントもらえます。500ポイント貯まれば、券売機で500円分の買い物券を発行できます。(1F バスプール側出入口 / 2F 休憩スペース脇)。ポイントの有効期間は最大2年間です。
  • 「エスパル郡山」では鑑賞チケット半券、「郡山テアトル」ではSKカードを提示すると、おとくなサービスが受けられます。

【山形…エスパル山形】

「YSカード」

  • エスパル山形で会計の際にēsカードを提示すると、108円(税込)ごとに1ポイントもらえます。500ポイント貯まれば、券売機で500円分の買い物券を発行できます。ポイントの有効期間は最大2年間です。
  • 毎月10日・25日は5,400円(税込)のレシートで、更に100ポイントもらえます。
  • 自転車・バイクで来店すると、540円(税込)以上のレシートで更に50ポイントもらえます。
  • 年に数回、ポイント5倍のキャンペーンあり。
  • Jリーグサッカーチーム、モンテディオ山形が勝利した翌々日はポイント2倍。
  • 西口駐車場が1時間無料・映画鑑賞割引の特典あり。

 

2017年2月16日からのカード

JR東日本の共通ポイント「JRE POINT」に変わります。

※ JRE POINTとは、JR東日本グループの駅ビルの共通ポイントです。(2016年2月より順次、関東圏のJR駅ビルがJRE POINTに切り替わっています)

仙台・福島・郡山・山形のエスパルで使えるカードは次の2種類になります。

  • 「エスパルカード=JRE カード」(JRE POINTが貯まるクレジットカード)
  • 「JRE ポイントカード」(クレジット機能の無いポイントカード)

今まで、仙台のエスパルはクレジットカードのみ、福島・郡山・山形はポイントカードしかありませんでしたが、今後はどこのエスパルでも、共通でクレジットカードとポイントカードの両方使えるようになります。

今まで持っていたポイントカード(ēsカード・SKカード・YSカード)の残高は、その後1年間(2018年2月15日まで)は利用することができます。

 

既に 仙台のエスパルカード(クレジットカード)を持っている方は…

カードの切り替えについては、何もしなくてOKです。2017年2月16日以降も、現在使用のエスパルカードをそのまま使えます。ポイント残高は、そのままJREポイントに引き継がれます。

貯まるポイントは、今まで、100円につき、エスパルポイントが5ポイントでしたが、切り替わり後は、100円につき、JRE POINTが3ポイントとなります。

ポイントの使い方は、今までは、500ポイントを買い物券500円分に交換でしたが、切り替わり後は、1ポイント=1円としていつでも使えるようになります。

またポイントを貯めたり使える店舗は、エスパル仙台だけでしたが、今後は、エスパル4館の他にアトレなどのJR東日本の各駅ビルでも使えるので、ぐーんと使い道が広がります。

更に嬉しい変更点として、カードの年会費が、今までの953円(税抜)から524円(税込)と、約半額になりますよ。

 

既に ēsカード(福島)、SKカード(郡山)、YSカード(山形)を持っている方は…

新しく、「エスパルカード」または「JREポイントカード」に新規入会しましょう。今、持っているēsカード、SKカード、YSカードは2018年2月16日以降は利用できなくなります。今まで貯めた残高のポイントについては、1ポイント=1円として、ポイントを発行した各エスパルでのみ利用可能です。(2018年2月15日まで)

 

「エスパルカード」

エスパル4館+対象駅ビルでクレジット払いをすると、100円(税抜)ごとに3ポイントもらえます。エスパル以外の加盟店では、クレジット払いで、100円(税抜)ごとに1ポイントです。

年会費は、初年度無料で2年目から477円(税抜)。

ポイントの有効期限はカード利用日から自動延長で2年間です。1ポイント=1円として、1ポイントから加盟店での支払いに使えます。ポイント対象商品への交換も可能です。

 

「JREポイントカード」

クレジット機能無しのポイントカード。年会費はずっと無料です。

東北のエスパルや対象駅ビルでの買い物で、現金・Suica・商品券・クレジットで支払う際に、カードを提示すると、100円(税抜)ごとに1ポイントもらえます。

ポイントの有効期限は、ポイントを貯めたり使ったりした日から自動延長で2年間なので、ポイントの期限切れで悲しい思いをすることは少なくなりそうです。

貯めたポイントは、1ポイント=1円として、1ポイントから加盟店での支払いに使えます。ポイント対象商品への交換も可能です。

 


S-PAL 公式
URL:https://www.s-pal.jp/

JRE POINT 公式
URL:https://www.jrepoint.jp/

コメント