今月のオススメカード

新規ご入会者様限定 ご利用でTポイント最大6,000ポイントプレゼント
マジカルクラブTカードJCB

みずほ銀行 振込手数料の値上げ 変更内容 コンビニATM 無料方法

2020年3月1日より、みずほ銀行のATMとみずほダイレクトからの振込手数料が、一部、値上げになりました。どのような振り込みが値上げになっているのか、また、値上げした金額などについて調べています。

他のメガバンクや都市銀行の振込手数料との比較についても表にまとめています。

その他、みずほ銀行の振込手数料を出来るだけ安くするには、どうしたらよいのか。どのような方法で幾ら安くなるのか。なども調べています。そちらも、ぜひ読んでみてください。

2020年3月 振込手数料が値上げになりました

2020年2月末日までは、みずほ銀行の同一店へ、ATMからキャッシュカードで振り込む場合、手数料無料でした。また、テレホンバンキングの自動音声サービスを利用して、みずほ銀行の同一店へ、振り込みをする場合も手数料無料でした。

しかし、残念ながら、2020年3月1日から、上記の振り込みは、振込金額に関わらず、220円(税込)の手数料が必要になりました。今まで無料だったのに、いきなり220円(税込)の値上げは、私達、利用者にとって、かなりの痛手です。今回の手数料改訂で、ATMからの振り込みは全て手数料が掛かるようになってしまったのです。

では、値上げになった振込手数料について、詳しく見て参りましょう。

「みずほ銀行のATM」から 現金やキャッシュカードで振り込みする時の手数料

「みずほ銀行ATM」と書きましたが、実は、みずほ銀行ATMの他に、「イオン銀行ATM」と「コンビニATM(イーネット・ローソン銀行)」も対象に入っています。ちなみに、セブン銀行ATMからは振り込み出来ません。

ATM 現金での振込ATM キャッシュカードでの振込
みずほ銀行 同一店宛
3万円未満
220円(+110円)220円(+220円)
みずほ銀行 同一店宛
3万円以上
220円(+110円)220円(+220円)
みずほ銀行 本支店宛
3万円未満
220円(+110円)220円(+110円)
みずほ銀行 本支店宛
3万円以上
220円(+110円)220円(変更なし)
他行宛(電信)
3万円未満
440円(変更なし)330円(+110円)
他行宛(電信)
3万円以上
660円(変更なし)440円(変更なし)
  • 現金でみずほ銀行の同一店、本支店へ振り込む場合、110円(税込)値上げになりました。他行宛の振り込みについては、手数料は今までと同じです。
  • キャッシュカードで、みずほ銀行の同一店へ振り込む場合、今まで手数料は無料でしたが、220円(税込)に値上げになりました。3万円未満の、みずほ銀行の本支店宛と他行宛の振り込みも値上げになりました。

「テレホンバンキング(自動音声・オペレーター)」で 振り込みする時の手数料

「テレホンバンキング」とは、電話を使って取引するサービスです。テレホンバンキングには、「自動音声サービス」と「オペレーター(有人)サービス」がありましたが、2020年4月12日、オペレーター(有人)サービスは廃止されました。現在は、自動音声サービスのみとなっています。

テレホンバンキング
(オペレーター)
テレホンバンキング
(自動音声)
みずほ銀行 同一店宛
3万円未満
220円(+110円)220円(+220円)
みずほ銀行 同一店宛
3万円以上
440円(+110円)220円(+220円)
みずほ銀行 本支店宛
3万円未満
220円(+110円)220円(+110円)
みずほ銀行 本支店宛
3万円以上
440円(+110円)220円(変更なし)
他行宛(電信)
3万円未満
440円(変更なし)330円(+110円)
他行宛(電信)
3万円以上
660円(変更なし)440円(変更なし)
  • 自動音声サービスで、みずほ銀行の同一店へ振り込む場合、今までは、手数料無料でしたが、今回の改訂で、220円(税込)に値上げになりました。これは、キャッシュカードでATMから振り込む際の値上げと同じです。

メガバンク・都市銀行との比較

みずほ銀行
現金
キャッシュカード
三菱UFJ銀行
現金
キャッシュカード
三井住友銀行
現金
キャッシュカード
りそな・埼玉りそな銀行
現金
キャッシュカード
同一店宛
3万円未満
220円(+110円)
220円(+220円)
220円
0円
220円
0円
330円
0円
同一店宛
3万円以上
440円(+110円)
220円(+220円)
440円
110円
440円
0円
330円
0円
本支店宛
3万円未満
220円(+110円)
220円(+110円)
220円
110円
220円
110円
330円
110円
本支店宛
3万円以上
440円(+110円)
220円(変更なし)
440円
110円
440円
110円
330円
110円
他行宛(電信)
3万円未満
440円(変更なし)
330円(+110円)
440円
275円
440円
220円
660円
440円
他行宛(電信)
3万円以上
660円(変更なし)
440円(変更なし)
660円
440円
660円
440円
660円
440円

みずほ銀行の振込手数料の値上げにより、他のメガバンクや都市銀行の振込手数料が気になり、比較してみました。

同一店宛へ3万円未満をキャッシュカードで振り込む場合、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、(埼玉)りそな銀行が手数料無料で出来るのに対し、みずほ銀行だけが220円(税込)と有料になっています。

また、同一店宛の3万円以上のキャッシュカードの振り込みは、みずほ銀行が最も高額に設定されています。

本支店宛や他行宛の振り込みについても、110円の値上げとなっているものがあり、他行と同額か、それ以上の高い振込手数料になってしまいました。

みずほ銀行の振込手数料値上げは、私達、利用者にとって、かなり手痛い出費となってしまいました。今まで、無料で振り込めていたのに、毎回、220円(税込)の手数料が必要になってしまったのです。

この頭の痛い振込手数料をなんとか出来ないものか。みずほ銀行の振込手数料を少しでも安くできる方法を探してみることにしました。

みずほ銀行で振込手数料を安くするには、どうすればいいのか?

まず、みずほ銀行で振り込みをする場合、どんな方法があるでしょうか。

1.銀行の窓口でお願いする。
2.ATMを使って振り込む。(現金またはキャッシュカードで)
3.みずほダイレクト(テレホンバンキング)から振り込む。
4.みずほダイレクト(インターネットバンキング)から振り込む。

他にも方法があるかもしれませんが、個人の方が振り込みをする場合、大体は、以上の方法から選択すると思います。

上の方法で振り込みをする時の振込手数料を、高い順に並べてみると、このようになります。

【みずほ銀行の同一店宛へ3万円未満の振込をする場合の振込手数料】
窓口440円> ATM(現金)220円 ATM(キャッシュカード)220円テレホンバンキング(自動音声・オペレーター)220円 > インターネットバンキング0円
【みずほ銀行の同一店宛へ3万円以上の振込をする場合の振込手数料】
窓口660円 > ATM(現金)440円テレホンバンキング(オペレーター)440円 > ATM(キャッシュカード)220円 テレホンバンキング(自動音声)220円  > インターネットバンキング0円

明らかに、窓口で振り込みをする場合が最も高額ですね。窓口で依頼する場合、660円または440円の手数料が掛かりますが、インターネットバンキングを利用すれば無料です。同じ振り込みなのに、この差はとても大きいです。

今まで、ATMでキャッシュカードを使って振り込む場合と、テレホンバンキングの自動音声サービスで振り込む場合、手数料無料だったのですが、2020年3月1日より、220円(税込)に値上げしたことで、無料で出来る振り込み方法は、インターネットバンキングだけになってしまったのです。

インターネットバンキングとは、「みずほダイレクト」の中のひとつです。みずほダイレクトではパソコン・スマートフォン・ケータイから様々な取引ができます。振込手数料がお得で、時間もお金も節約できるサービスです。

 

忘れてはならないのが、ATMの振り込みは、利用する曜日や時間により、「時間外手数料」が必要になる場合があるということです。「振込手数料」に加えて「時間外手数料」も払わなくてはならないのです。

しかし、これがインターネットバンキングでしたら、24時間いつでも無料で振り込みが出来ます。インターネットは苦手だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、手数料無料でいつでも振り込みできる唯一の方法がインターネットバンキングです。

ちなみに、無料で振り込みが可能なのは、インターネットバンキングだけだと書きましたが、これは、みずほ銀行の同一店への振り込みの場合だけです。みずほ銀行の本支店宛や他行宛の振り込みは、下記のようにしっかり振込手数料が掛かりますのでご注意ください。

【みずほダイレクト(インターネットバンキング)の振込手数料】
みずほ銀行同一店宛……無料
みずほ銀行本支店宛……3万円未満は110円(税込)、3万円以上は220円(税込)
他行宛(電信)……………  3万円未満は220円(税込)、3万円以上は440円(税込)
インターネットバンキングを利用しても、みずほ銀行同一店以外の振り込みは有料だと聞いて、がっかりされたかもしれません。
そんなあなたに、みずほ銀行の普通預金口座を持っている方なら、どなたでも利用できるサービスを紹介しましょう。このサービスを利用すると、みずほ銀行の本支店宛の振込手数料が無料他行宛の振込手数料が無料(回数制限付き)ATM時間外手数料が無料(回数制限付き)などのうれしい特典があるのです。

「みずほマイレージクラブ」とは

「みずほマイレージクラブ」は、みずほ銀行で普通預金口座を持っている方が利用できる、年会費無料のサービスです。取引状況に応じてステージ別に「うれしい特典」が受けられます。

入会申し込みは、キャッシュカードの種類(クレジットカード機能の有無)により、インターネットまたは店舗で行います。

みずほマイレージクラブ 新しい「取引条件」と「うれしい特典」

みずほマイレージクラブは、取引状況に応じて3つのステージ(Bステージ・Aステージ・Sステージ)に分かれます。それぞれのステージの条件と特典は下記のようになっています。

2020年3月1日、みずほマイレージクラブの「取引条件」と「うれしい特典」の内容変更がありました。太字部分が、今回の変更部分です。変更後の内容について詳しく見て参ります。

 

Bステージ

最も適用条件が緩いのがBステージです。みずほマイレージクラブ入会と、みずほダイレクトの初回登録をして、預金30万円以上の残高があれば認定されます。

Bステージのうれしい特典としては、みずほ銀行ATMとイオン銀行ATMの時間外手数料・利用手数料が無料になります。イーネットATMの時間外手数料・利用手数料が月1回まで無料になります。そして、みずほダイレクトで、みずほ銀行本支店宛振込手数料が無料になります。

【前提条件】 みずほマイレージクラブへの入会 + みずほダイレクトの初回登録
【取引条件】 J.Scoreの利用…スコア取得、みずほ銀行との情報共有に同意する。または、預り資産が残高30万円以上。
【特典】
みずほ銀行ATMとイオン銀行ATMの ATM時間外手数料・利用手数料が無料
イーネットATMの ATM時間外手数料・利用手数料が月1回まで無料
みずほダイレクトの利用で みずほ銀行本支店宛振込手数料が無料
キャッシュカードの新規発行手数料が無料

 

Aステージ

Aステージの認定は、みずほマイレージクラブ入会と、みずほダイレクトの初回登録の他に、みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)を毎月利用する。または、オリコカードを毎月の3千円以上利用する。または、みずほ銀行で給与の受取りをする。になっています。

Aステージのうれしい特典は、Bステージとほぼ同じです。イーネットATMの時間外手数料・利用手数料が月2回まで無料になります。

【前提条件】 みずほマイレージクラブへの入会 + みずほダイレクトの初回登録
【取引条件】
みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)、みずほJCBデビットの毎月の利用
または、みずほWalletの毎月の利用
または J-Coin Payの毎月の利用
または オリコカードの毎月の利用(3千円以上)
または 積立投信信託の毎月合計1万円以上の引き落とし
または 給与の受取り
または みずほの学割の加入
【特典】
みずほ銀行ATMとイオン銀行ATMの ATM時間外手数料・利用手数料が無料
イーネットATMの ATM時間外手数料・利用手数料が月2回まで無料
みずほダイレクトの利用で みずほ銀行本支店宛振込手数料が無料
キャッシュカードの新規発行手数料が無料

 

Sステージ

最も認定条件が難しいSステージです。みずほマイレージクラブ入会に加えて、みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)、みずほJCBデビットが年間合計100万円以上の利用。または、資産運用商品残高が合計100万円以上。または借入残高ありというように、厳しい条件になっています。

Sステージのうれしい特典では、イーネットATMの時間外手数料・利用手数料が月3回まで無料になるのと、みずほダイレクトの利用で他行宛振込手数料が月3回まで無料になるのが魅力です。他行宛の振込手数料は、高額ですので、月3回無料になるのは嬉しい限りです。

【前提条件】 みずほマイレージクラブへの入会

【取引条件】
みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)、みずほJCBデビットが年間合計100万円以上の利用
または、資産運用商品残高合計100万円以上
または 借入残高あり
【特典】
みずほ銀行ATMとイオン銀行ATMの ATM時間外手数料・利用手数料が無料。
イーネットATMの ATM時間外手数料・利用手数料が月3回まで無料。
みずほダイレクトの利用で みずほ銀行本支店宛振込手数料が無料。
みずほダイレクトの利用で 他行宛振込手数料が月3回まで無料
キャッシュカードの新規発行手数料が無料。

 

今回の変更で「うれしい特典」の何が変わったのか

◆無料で利用できるコンビニATMの中で、セブン銀行とローソン銀行が外れました。今後は、イーネットATMだけが無料の対象となっています。

◆イーネットATMの時間外手数料・利用手数料の無料回数が、取引状況に応じて月4回から➡月1回から3回までに減りました。Bステージは月1回、Aステージは月2回、Sステージは月3回まで無料となります。

イーネットATMとは、ファミリーマート、コミュニティ・ストア、ポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキなどに設置されているE-netマークのあるATMです。

◆本支店宛・他行宛振込手数料の無料特典は、みずほダイレクト利用時のみになりました。みずほ銀行ATM・イオン銀行ATMの振込手数料無料は対象外になりました。ATMからみずほ銀行の本支店、他行へ振り込みをする場合は、有料となります。

◆他行宛振込手数料の無料回数が、取引状況に応じて月1回または月4回から、取引状況に応じて月3回に減りました。これはSステージの方のみの特典です。Sステージの方は、他行への振り込みは、みずほダイレクトを利用すると月3回まで無料となります。

キャッシュカードの切り替え・再発行の発行手数料が有料になりました。新規発行の時だけ無料です。他のキャッシュカードに変えたり、再発行をする時は、手数料が掛かるので注意しましょう。

 

【まとめ】みずほ銀行の振込手数料を無料または安くするには

みずほ銀行の同一店や本支店へ振り込む場合

みずほダイレクトのインターネットバンキングで振り込めば、同一支店宛は、振込金額に関わらず、手数料無料になります
みずほマイレージクラブに無料で入会して、Bステージ以上を取得すれば、「うれしい特典」により、みずほダイレクトで振り込めば、みずほ銀行の本支店宛が回数制限無しで無料になります。

 

他行へ振り込む場合

みずほマイレージクラブに無料で入会して、最高ランクのSステージを取得すれば、「うれしい特典」により、みずほダイレクトで振り込むと、月3回まで他行宛の振り込みが無料になります。

Sステージ取得が難しい方は

みずほダイレクトのインターネットバンキングで振り込めば、3万円未満の振込は220円、3万円以上の振込は440円の振込手数料と、最も安い手数料で済みます。

 

 


みずほ銀行 公式

ATM・みずほダイレクト[テレホンバンキング]の振込手数料の一部改定について
URL:https://www.mizuhobank.co.jp/rate_fee/fee_furikomi_kaitei.html

コメント