ANAカード(ANA一般カード)

「ANAマイレージクラブのサービス」と「ANAマイレージクラブカード」の次は、ANAカードを調べます。

ANAマイレージクラブについて調べました
いきなりですが、私、ここ20年以上、飛行機を利用したことがありません。 なので、航空会社のマイレージサービスについて殆ど分かりません。「……マイレージって、多分、飛行機のポイントサービスだよね? 」お恥ずかしいことに、この程度の知識な...
手数料無料でANAマイルを貯める(ANAマイレージクラブカード)
ANAのマイルを手数料無料で貯めることのできるカード「ANAマイレージクラブカード」を紹介しましょう。発行手数料・発送手数料が無料なので、気軽に申し込みが出来ます。 カードの種類は、スマートフォン対応のデジタルカード、または3~4週間...

 

ANAカードは、クレジットカードなので年会費が掛かりますが、ANAマイルがとても貯まりやすくなります。日常生活の支払いや搭乗時にマイルがもらえるなど、クレジットカードだけの嬉しい特典があります。

ANAマイルが貯まるクレジットカードには、その他、他社の提携カードもありますので、どれにしようか迷うほどでしょう。是非、あなたに最適の1枚を探してみて下さい。

ANA一般カード01

 

ANAカード

ANAカードの種類は、次のように分かれます。

  • 一般カード
  • 交通系IC一体型カード
  • ワイドカード
  • ゴールドカード
  • プレミアムカード
  • ANAカード以外の提携カード

国際ブランドは、JCB、Visa、マスターカード、アメリカンエキスプレスから選択します。

 

【ANAカードの特徴】

  • フライト搭乗時のボーナスマイルがもらえる
  • クレジット会社のポイントのマイル移行ができる
  • 海外・国内旅行傷害保険や国内空港傷害保険が付いている(無いもののあり)
  • 交通系電子マネー一体型以外は、楽天Edyが付いている

クレジットカードの特典として、日常生活でのカード払いでもマイルが貯まり、フライトマイルの他に、ボーナスマイルももらえます。

ANAカードで気になるのは、年会費、フライト搭乗時のボーナスマイル、ポイントのマイル移行でしょう。

今回は、最も年会費が手頃な「一般カードの8種類」を比較しながらまとめてみました。

 

「一般カード」「交通系IC一体型カード」

一般カードには、交通系の電子マネー一体カード3種類、30歳未満限定カード、国際ブランド4種類があります。

  • ANA To Me CARD PASMO JCB (パスモ付き)
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード (東急のパスモ付き)
  • ANA VISA Suicaカード (スイカ付き)
  • ANA JCB カード ZERO (30歳未満限定)
  • ANA JCB 一般カード
  • ANA Visa 一般カード
  • ANA マスター 一般カード
  • ANA アメリカンエキスプレスカード(一般)

 

【年会費】

  • 30歳未満限定のZEROカードは5年間無料
  • PASMO・Suica一体型、JCB、Visa、マスターカードは初年度無料で翌年から2,200円(税込)
  • アメリカンエキスプレスは7,700円(税込)

家族会員の年会費は、ZEROカードは5年間無料。PASMO・Suica一体型、JCB、Visa、マスターカードは初年度無料で翌年から1,100円(税込)。アメリカンエキスプレスは2,750円(税込)です。

 

【搭乗時のボーナスマイル】

共通で「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」となります。

 

【クレジットカードのポイントをマイルへ移行】

移行手数料
(10マイルコース)
換算率 ボーナスポイント移行
1ポイント=3マイル
PASMO JCB 5,500円

10マイルコース…1%(1,000円で1ポイント=10マイル)

5マイルコース…0.5%(1,000円で1ポイント=5マイル)

ZEROは5マイルのみ。アメリカンエキスプレスは100円で1マイル

 可 能
PASMO Master 6,600円
Suica Visa 6,600円
ZERO JCB 無 料
JCB 5,500円
Visa 6,600円
Master 6,600円
アメリカンエキスプレス 6,600円

 

【申し込み】

満18歳以上ですが、アメリカンエキスプレスは20歳以上。ZEROカードは29歳以下となります。

本会員の子供(13歳以上)用に、年会費無料で「ANA VISAプリぺイドカード<チャージ限定型>」を申し込むことも出来ます。

 

【割引サービス】

一般カードの会員を含め、ANAグループ空港免税店でカード提示すると、5%割引が適用されます。カード払いの他に現金払いでもOKです。(成田空港・羽田空港・関西空港のANA DUTY FREE SHOP)

「その他の割引」

  • 国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF)
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引 (10%OFF)
  • 成田空港でのパーキング割引
  • オンラインショッピングサイト「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)
  • ANAのツアー割引販売 (5%OFF)

ANA一般カード02

 

今回は、一般カードを紹介しましたが、カードの年間利用額が多い方は、さらに上のワイドカード、ゴールドカード、プレミアムカードで大量のANAマイルを狙えるでしょう。

カードの申し込み時だけでなく、継続時にも、マイルがプレゼントされるカードもあります。メインカードだけでなく、何枚かのカードを使い分けるのも、マイルを貯めるコツです。


ANAマイルが貯まる(ANA 一般 VISAカード / ANA VISA Suicaカード)
ANAカードには、ゴールドカードやプレミアムカードから一般カードまで20種類以上ありますが、今回はスタンダードな「ANA 一般 VISAカード」と「ANA VISA Suicaカード」を紹介します。 ANA一般カードは国際ブランドのV...

ANAカード 公式
URL:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/regist/
ANAJCBカード

コメント