*

ネット銀行

公開日: : ネット銀行, 新たな形態の銀行

近年、ネット銀行の人気が次第に高まってきています。一般の銀行から移行する利用者が増加し、ネット銀行の様々なメリットも魅力のようです。
しかし、使ったことの無い方には、どんな銀行なのか、よくわからず、なんとなく怖いような感じもします。ネット銀行とは、どんな銀行なのか調べてみましょう。

ネット銀行は、様々な形態のものがあり、それぞれ違いがあります。

1.インターネット専業銀行

ジャパンネット銀行、ソニー銀行(MONEYkit)、楽天銀行(旧イーバンク銀行) 、住信SBIネット銀行、大和ネクスト銀行、じぶん銀行など

基本的に店舗を設置せず、インターネットや電話での取引が主な銀行です。従来の銀行に比べ、店舗や自前のATMが殆ど無く、預金通帳は発行されません。
店舗や人件費などのコストが、かからないので、預金の高金利、ローンの低金利、手数料の割安などがメリットです。24時間取引可能という利便性から若い世代を中心に利用者が増加中です。

2.流通系が母体のネット銀行

セブン銀行(旧アイワイバンク銀行) 、イオン銀行

イオン銀行は手続きができる有人店舗があります。低金利による住宅ローンが好調です。
また、ローン契約者はイオングループでの買い物が安くなるなど、流通系の強みを活かしています。

セブン銀行は日本中にATMを有し、提携先として他の銀行にATMを提供することで、利用手数料で収益を上げている異色の銀行です。

3.一般銀行のネットサービス(オンラインバンキングサービス、ネットバンキングなど)

都市銀行や大半の地銀が行っているサービスで「○○ダイレクト」など

銀行の窓口やATMの取引は、場所や時間帯が限られていますが、それに加えて、自宅や休日や夜間早朝でも利用できます。しかし、月々の基本使用料が、かかる場合があります。
一般窓口とネットでの2つのサービスが受けられますが、インターネット専業銀行に比べると、金利や手数料のメリットは低いようです。

4.一般銀行のインターネット支店

都市銀行の一部や地銀を中心に、インターネット支店として、架空の支店を設ける運営形態
3.の「一般銀行のネットサービス」に特化した支店のこと。

その銀行に口座を持っていても、インターネット支店専用の口座を開設する必要があるなど、管理が別の場合が多いです。口座開設が簡便、手数料が割安、24時間取引が出来る、通帳が発行されないなどが特徴です。
基本的な部分は従来のシステムを使うため、システムの信頼性はネット銀行よりも高いようです。

形態上、1から4まで分けましたが、それぞれ特色が異なりますので、ここからは、1.の「インターネット専業銀行」を、主に採り上げて進めて参ります。

●口座はどこで作るの?

・ネット銀行には基本的に店舗がありませんので、申込みはインターネット上で行います。
大和ネクスト銀行、イオン銀行は店舗がありますので、そちらでも口座開設できます。

・0円で、誰でも口座開設が出来ます。
15歳未満の方の場合は、親権者の同意などの条件が必要な場合があります。
住信SBIネット銀行は18歳未満は開設できません。楽天銀行は12歳以下でも親権者の同意と両者の本人確認書類があれば作れるなど、各銀行により開設できる年齢が異なります。

まずは、パソコンやスマートフォン、携帯電話番号、Eメールアドレス、本人確認書類を準備しましょう。

・口座開設の主な流れ

(1)各ネット銀行のホームページの「口座開設手続き」に必要事項を記入します。
(2)本人確認書類(運転免許証のコピーなど)を銀行へ送付します。
本人確認書類をスマートフォンなどで撮影して送付することの出来る銀行もあります。(ジャパンネット銀行、じぶん銀行、楽天銀行など)
(3)手続き完了後、数日から2週間ほどでキャッシュカードなどが届きます。

上記以外に、郵送で申込書を取り寄せ、手続きすることも可能です。

一般の銀行の様に窓口の担当者から注意事項を聞く機会がないので、重要事項をしっかり読むようにしましょう。

●ATMは何処にあるの?

口座を開設し、しばらくすると、キャッシュカードが発行・送付されてきます。(ごく一部、キャッシュカードがない銀行もあるようです)
ネット銀行には、基本的に自前のATMがありませんが、コンビニや大手銀行などのATMと提携していますので、そちらを利用します。

・手数料無料になる、ネット銀行とATMの組み合わせを考えましょう。

ネット銀行(キャッシュカード)とコンビニ(ATM)の組み合わせによって、手数料が無料になりますので、お得なものを選んで利用しましょう。

※ 詳しくは、ネット銀行別に、今後採り上げて参ります。

●ネット銀行は、なにかとセキュリティが心配?

最近、金融ネット犯罪が問題になっています。
パスワードなどを盗み取り、口座から勝手に預金を引き出すという悪質な犯罪が急増しており、被害金額は年々増加し、平成25年には過去最大の約14億円にのぼりました。
(全国銀行協会ネットバンキング犯罪対策HP)

http://www.zenginkyo.or.jp/ib_hanzai/index.html

各銀行では、こうした被害を防ぐために様々なセキュリティ対策を実施しています。
また、万が一、被害に遭った時の為に補償制度を取り入れています。(※1)

銀行のセキュリティ対策の例

・乱数表(セキュリティカード)の使用
数字とアルファベットの組み合わせの一覧表から、ログインの度に違った英数字を求められるので、パスワードがもれても不正使用されにくい。

・トークン(ワンタイムパスワード専用装置)によるワンタイムパスワードの使用
1分毎に変更される1回限りのパスワードがトークンに表示される。同じパスワードは2度と使えない。セキュリティ面ではかなり高いとされています。(ジャパンネット銀行、ソニー銀行など)

・スマートフォンを利用した「スマート認証」(住信SBIネット銀行)
スマートフォンで認証できるので、トークンを持ち歩く必要がありません。また、パソコンとスマートフォンの2つのツールを使用することで、パソコンがウィルスに感染したとしても、認証する経路が2つあるので、セキュリティレベルが高いとされています。

次に、犯罪の手口を知り、自分でも出来る対策をしっかり行い、被害に遭わないように心がけましょう。

【手口の主な例】
・パソコンをウイルス感染させる→銀行を装ったニセの画面を表示→乱数表や合言葉などのパスワード情報を入力させ盗み取る
・パソコンをウイルスに感染させる→あなた宛に送信されたメールを盗み見る→銀行からの受信メールにパスワード情報が記載されていた場合、犯人はそのパスワード情報を使用する
・銀行を装ったニセのメールを送る→巧みにニセのホームページ(フィッシングサイト)へと誘導→乱数表や合言葉などのパスワード情報を入力させ盗み取る

☆自衛対策としてしっかりやっておくこと
・セキュリティ対策ソフトを入れ、常に最新の状態にしておく。OSやウェブブラウザなどの各種ソフトもあわせて最新の状態にしましょう。

・ワンタイムパスワードなど、銀行が導入・推奨しているセキュリティ対策を積極的に利用する。

・万が一、被害を最小限度に抑える為に、払戻しなどの限度額をできるだけ低く設定する。

・ニセのメールや画面に注意し、不審なメールが届いた場合は安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず、銀行に問い合わせましょう。

・ネット銀行では、ログインや振り込みの為のIDやパスワードがとても重要です。推測されにくいものにし、第三者に気づかれぬよう大切に保管します。

・共有のパソコンで使用しないようにします。マンガ喫茶やネットカフェなど、複数の人が出入りするパソコンで使用し、万が一、ログアウトをし忘れたり、履歴が残ると危険です。必ず自分が持っているパソコンやスマートフォン等に限定して使うようにしましょう。

・ネット銀行によっては、ログインや振り込み、ATM利用などの操作があった場合、あらかじめ登録していたメールアドレスに通知してくれるサービスがありますので、それを利用しましょう。(基本的に無料です)

・フィッシングサイトに誘導されないように、ログインは、必ず「公式HP」で行うようにします。

※1 万が一、不正被害にあった時の補償について

全国銀行協会は、「インターネット・バンキングに係る補償の対象・要件・基準等」を定めています。

インターネット・バンキングに係る補償の対象・要件・基準等について (PDF)

インターネット技術やその世界における犯罪手口は日々高度化しており、そうした中で、各行が提供するサービスは、そのセキュリティ対策を含め一様ではないことから、重過失・過失の類型や、それに応じた補償割合を定型的に策定することは困難である。したがって、補償を行う際には、被害に遭ったお客様の態様やその状況等を加味して判断する。

被害者に過失がある場合は、どこまで補償されるのか曖昧な場合もありそうですね。
そうならない為にも、上記で挙げた自衛対策等はしっかり行うようにしましょう。

ネット銀行では、独自に、保険・補償制度を設けているところもありますので、不安な方は、銀行選びの際に考慮してもいいですね。

関連記事

ATM&振込手数料が無料から回数制へ(住信SBIネット銀行)

現在、住信SBIネット銀行では、コンビニATMからの引き出しが何回でも無料(ゆうちょとイーネットは月

記事を読む

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行(Japan Net Bank 略称:JNB)は、三井住友銀行、Yahoo!が主要

記事を読む

楽天銀行

2010年に、イーバンク銀行から楽天銀行に社名変更をして誕生した、楽天が100%株主のネット銀行です

記事を読む

新生銀行

新生銀行は、1998年に経営破綻した「日本長期信用銀行」が2000年に改名して再出発した普通銀行です

記事を読む

じぶん銀行

じぶん銀行は、2008年に、KDDI(au)と三菱東京UFJ銀行が共同出資したネット銀行です。有人店

記事を読む

大和ネクスト銀行のサービス・ATM手数料

大和ネクスト銀行は、大和証券グループが100%出資している2010年創業のネット銀行です。 大

記事を読む

知れトク!! №1

毎日暑いですね! この猛暑で、梅雨明け前なのに、既に夏バテ気味なギンコです。先週、僅かなボーナスを「

記事を読む

ネット銀行の支店名が気になる

インターネット専用口座は、仮想店舗なので、親しみやすい店名になっていることが多いですね。有人店舗には

記事を読む

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするネット銀行です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「JCB ORIGINAL SERIES」新規入会キャンペーン 2018年9月末迄

JCBクレジットカード「オリジナル シリーズ」に、WEB申し込みから新

クレジットカード会社のギフトカード

どなたへ贈っても喜ばれる、クレジットカード会社が発行しているギフトカー

ANA JCBカードはANAとJCBのサービスが満載 旅するあなたのカードです

ANA JCBカードは、ANA限定サービスとJCBならではのサービスが

マツモトキヨシでもっとポイントを貯めるには

ドラッグストアの「マツモトキヨシ」では、自店のポイントカードとクレジッ

ウエルシア薬局とツルハドラッグ シニア会員の特典

ドラッグストアのカード会員用の特典のなかで、シニア限定のサービスを調べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑