JR東日本の共通ポイント「JRE POINT」が東北で使えます

JR東日本の共通ポイント「JRE POINT」(ジェイ アール イー・ポイント)を使える駅ビルが広がっています。

2016年2月に登場した「JRE POINT」は、首都圏の一部の駅ビルから導入が始まりました。それまでは、駅ビル独自のポイントでしたが、共通ポイントに切り替わったことで、ポイントを貯めて・使える場所(駅ビル)がぐーんと増え、利用範囲の広いカードとなっています。

導入開始から、もうすぐ1年後の現在、首都圏以外、例えば、長野・松本、東北エリアでも使えるようになってきています。

 2016年12月  JRE POINTが使える駅ビル

アトレ (恵比寿・目黒・品川・大井町・大森・川崎・四谷・吉祥寺・上野・浦和・松戸・秋葉原・亀戸・新浦安・大船)

アトレヴィ (大塚・巣鴨・田端・五反田・信濃町・東中野・三鷹)

ボックスヒル (取手)

グランデュオ (立川・蒲田・小岩・本八幡)

シャポー (市川・船橋)

テルミナ (錦糸町)

ラスカ (茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海)

ペリエ (千葉・西千葉・稲毛・津田沼・検見川浜・稲毛海岸・海浜幕張)

モントレー (高崎)

MIDORI  (長野・松本)

シァル (鶴見)

パセオ (宇都宮)

nonowa  (東小金井)

 

今後、JRE POINTが使えるようになる駅ビル(予定)

2017年 2月~

エクセル  (茨城県 水戸駅)

Mitostation-south

VAL古河  (茨城県 古河駅)

S-PAL  (宮城県仙台駅・福島駅・山形駅)
S-PAL Sendai 20160321

 

フェザン  (岩手県 盛岡駅)

FES"AN 2012

 

あおもり旬味館  (青森駅)

Aomori shunmi-kan at Shin-Aomori station

 

JRE POINTが使える駅ビルは、更に広がっていく予定ですので、今後が楽しみです。

※ S-PALについては、S-PAL(エスパル)のカードをご覧下さい。

 

JRE POINTについて

「JRE POINT」は、導入している駅ビルなら、どこでもポイントが貯まり、会計時にポイントで支払うこともできます。

クレジットカードの他に、年会費無料のポイントカードもありますので、気軽に申し込みできますよ。お財布に1枚あれば、使用する機会がこれからどんどん増える事でしょう。

JRE POINTは、いずれは、Suicaポイント、ビューサンクスポイントとの共通化が予定されていますので、今後は、ますます使用頻度の高いカードになると予想されます。

 


JRE POINTカード 公式
URL:https://www.jrepoint.jp/

コメント