*

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行(Japan Net Bank 略称:JNB)は、三井住友銀行、Yahoo!が主要株主である、日本初のネット銀行です。

老舗のネット銀行で抜群の知名度や安心感があり、ネット銀行はちょっと不安だと思う方にお勧めです。手数料などのサービスでは、後発のネット銀行に若干劣るかもしれませんが、FX(外国為替証拠金取引)を日本の銀行として初めて手がけるなどの取組みが意欲的な上に、銀行の歴史や口座数の実績がありますので、とても人気が高いです。サービスよりも安全重視と考える方に、ぴったりの銀行といえましょう。また、ネットビジネスには必須といわれるほど、利用する方が非常に多い銀行です。

ジャパンネット銀行の主な特徴

・「トークン」(ワンタイムパスワードを発行する小型の装置)を利用し、1分毎に異なるパスワードを発行するので、セキュリティが安心です。

トークンを採用している他のネット銀行として、ソニー銀行があります。ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)もこれに倣い、2014年6月から、トークンの無料配布を始めました。

・発行されるキャッシュカードは、JNB Visaデビット付です。(ネット銀行の中では、楽天銀行もデビット付です)

デビットカードとは、カード決済すると即時に、一括払いで銀行口座から引き落としが行われるカードです。アメリカでは大変普及率が高く、近年、日本においても普及率が高まってきています。
また、「Visaデビット付キャッシュカード」と「ファミリーマートTカード」の一体型カードの発行が、2015年9月頃から予定されています。

・Tポイント(旧 Yahoo!ポイント)を現金化できるのは、ジャパンネット銀行だけです。

ヤフオク!やYahoo!ショッピングなどのYahoo!サービスを利用し、貯まったTポイントを現金にする為には、Yahoo!ウォレット受取口座情報にジャパンネット銀行口座を登録しなくてはならず、必ず、ジャパンネット銀行に口座を開く必要があります。

・BIG・toto、公営競技(競馬・オートレース・競輪・ボートレースetc.)の入出金が、現金無しで、安全に取引できます。(他に、楽天銀行、住信SBIネット銀行も可能です)

競馬・オートレース・競輪・ボートレースの全てにおいて使えます。現金を持ち歩かずに、パソコンや携帯で購入することができます。また、自分の口座に直接、払い戻し金を振り込んでもらえるなど、もらい忘れや窓口に並ぶ手間も無く、安全に楽しむことができます。

口座開設

・最短5日で開設できます
口座開設申込フォームに入力→スマートフォンの書類送信アプリで本人確認資料を送る(郵送の手続不要)→キャッシュカードとトークンが簡易書留で届く
※ 郵送での手続きも可能です。(2週間程度かかります)

・満15歳以上であれば未成年でも開設できます。
(親権者の同意は必要ありません。必ず、口座を利用になる本人が申し込みます)

ATM

ジャパンネット銀行が、提携しているATMとして、
(コンビニATM)

  • @BANK(九州地区を除く)(FamilyMartに設置)
  • セブン銀行ATM(セブンイレブン、イトーヨーカドーに設置)
  • イーネット(FamilyMart、スリーエフに設置)
  • ローソンATM

(銀行ATM)

  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

が、あります。

ローソンATM・セブン銀行・ゆうちょ銀行以外の提携ATMでは、三井住友銀行のATMネットワークを経由しての利用となるため、毎週日曜日21:00から翌月曜日7:00の間は利用できません。

ATM手数料

【引き出しの場合】

ATMの引き出し手数料は、毎月初回は、金額にかかわらず無料になります。
2回目以降は、取引額が3万円以上は無料、3万円未満なら162円かかります。(ゆうちょ銀行ATMは、2回目以降で、3万円未満の場合、324円かかります)

【預け入れの場合】

引き出しの場合と同様です。
ATMの預け入れ手数料は、毎月初回は、金額にかかわらず無料になります。
2回目以降は、取引額が3万円以上は無料、3万円未満なら162円が、かかります。(ゆうちょ銀行ATMは、2回目以降で、3万円未満の場合、324円かかります)

【振り込みの場合】

1.インターネットバンキングでの振り込み

同行への振り込みは、各ネット銀行では殆どが無料ですが、ジャパンネット銀行では、金額に関係なく毎回54円かかってしまいますので注意しましょう。
他行への振り込みは、3万円未満は172円、3万円以上は270円です。回数制限があっても無料である銀行と比較すると、これも高めの手数料になります。

2.ATM(三井住友銀行)での振り込み

ジャパンネット銀行のキャッシュカードを使用して提携ATMで振り込みをする場合は、三井住友銀行のATMまたは@BANKのATMしか使えません。この場合、口座からの出金をジャパンネット銀行が行い、振り込みを三井住友銀行が行います。利用には提携ATM出金手数料に加え、三井住友銀行の振込手数料が必要となります。(提携ATM出金手数料+三井住友銀行の振込手数料です)

(注意)前月中の預金平均残高(円普通預金、円定期預金)が3,000万円以上の場合は、上記振り込み手数料が、月間5回まで無料となります。ただし、リンク決済(※1)、WEB総振(※2)、提携ATMでの振り込みを利用の場合、無料回数は適用されません。

(※1)ジャパンネット銀行と提携をしているWebサイトで商品の購入をした場合や、証券口座へ入金する場合に、専用の振込画面への操作により決済が完了できるサービスです。
(※2)ビジネスアカウント口座の利用者の振込サービスで、複数の振込データをアップロードし、まとめて最大3,000件まで振り込みができるサービスです。

 3.本店窓口での振り込み

本店窓口(東京都 西新宿)での振り込みは、非常に高い手数料がかかります。
同行への振り込みは、3万円未満が648円、3万円以上が1080円。
他行への振り込みは、3万円未満が1296円、3万円以上が1728円です。

関連記事

キャッシュカードの暗証番号を忘れるとどうなるか

以前キャッシュカードの暗証番号についてで、暗証番号の決め方について考えてみましたが、すでに作ってある

記事を読む

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするネット銀行です。

記事を読む

三井住友銀行のATM手数料

またまた、だいぶ日にちが空いてしまいました。今回は三井住友銀行のATM手数料を見ていきます。こちらは

記事を読む

三菱東京UFJダイレクト

「三菱東京UFJダイレクト」は、三菱東京UFJ銀行が提供し、1400万人以上が利用しているインターネ

記事を読む

キャッシュカードの暗証番号について

キャッシュカードの暗証番号について少し考えてみたいと思います。 自分の誕生日や電話番号など推測され

記事を読む

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行は、2010年に創業した新しいネット銀行です。ネット銀行としては後発組ですが、店舗が

記事を読む

ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクトは、総合口座・振替口座の各種取扱いを、自宅や外出先など様々な場所から利用できるサー

記事を読む

みずほマイレージクラブの特典

前回に引き続き、みずほマイレージクラブについての考察です。 みずほマイレージクラブでは、その取引内容

記事を読む

ATM&振込手数料が無料から回数制へ(住信SBIネット銀行)

現在、住信SBIネット銀行では、コンビニATMからの引き出しが何回でも無料(ゆうちょとイーネットは月

記事を読む

「マイゲート」、「コミュニケーションダイヤル」(りそなグループ)

「マイゲート(my gate)」とは、2014年4月から、りそなグループ(りそな銀行・埼玉りそな銀行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「JCB ORIGINAL SERIES」新規入会キャンペーン 2018年9月末迄

JCBクレジットカード「オリジナル シリーズ」に、WEB申し込みから新

クレジットカード会社のギフトカード

どなたへ贈っても喜ばれる、クレジットカード会社が発行しているギフトカー

ANA JCBカードはANAとJCBのサービスが満載 旅するあなたのカードです

ANA JCBカードは、ANA限定サービスとJCBならではのサービスが

マツモトキヨシでもっとポイントを貯めるには

ドラッグストアの「マツモトキヨシ」では、自店のポイントカードとクレジッ

ウエルシア薬局とツルハドラッグ シニア会員の特典

ドラッグストアのカード会員用の特典のなかで、シニア限定のサービスを調べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑