知れトク!! №1

毎日暑いですね! この猛暑で、梅雨明け前なのに、既に夏バテ気味なギンコです。先週、僅かなボーナスを「プレミアム付き商品券」に換えてちょっぴり増やしたので、土用の日に鰻を計画しています♪ これでなんとか夏を乗り切りたいです。

知りトク1-2

さて、「知れトク」とは、最近の金融、クレジット・ポイントカードの記事から、知ればお得になれるかもしれない(知れトク)ニュースを、私が勝手にチョイスして、こちらで紹介しちゃおうという企画です。以後、よろしくおねがい致します。

ではさっそく。

「三井住友銀行とジャパンネット銀行間の振込手数料が無料へ」(2015.7.15付)

2015年8月17日より、三井住友銀行とジャパンネット銀行の本人名義でのインターネットバンキングによる振込手数料が一部無料になります。(ATMの振込みではありません。そちらは通常通り、手数料が掛かります)

「一部」無料とあるように、これには条件があるんです。

「SMBCポイントパック」の契約者で、次の6つの条件を満たした場合、無料になります。

ちなみに、SMBCポイントパックに初めて入会した方は、翌々月までは、無条件で無料になりますよ。また、条件をクリア出来ない場合は、今までどおりの手数料が掛かってしまいます。

SMBCポイントパックってなに?という方はこちらへ。

 

<無料の条件>

1.給与または年金の受取がある

2.三井住友カード、さくらカード、セディナいずれかのクレジットカードの引き落としがある

3.預金などの残高が30万円以上ある

4.住宅ローンなどの借入残高がある

5.Web通帳にしている

6.カードローンの契約がある(借入0円でもOK)

 

どうですか? メインバンク以外の方は、これをクリアするのは結構難しいかもしれませんね。三井住友銀行⇔ジャパンネット銀行の自分口座の振込みをよくする方は、頑張ってみてはいかがでしょうか。

ところで、ジャパンネット銀行は、三井住友銀行の前身の一つである、さくら銀行が設立したインターネット銀行です。いわば身内のような銀行なのですから、無料化は当然のような気もします。

現在の振込手数料はこんな感じです。

知りトク1

うーん。振込手数料ってやはり高い。少しでも安くしたいと思うのが当然ですよね。

 

では、次回の「知れトク」をお楽しみに

コメント